結婚指輪と婚約指輪

結婚をするとなると、結婚指輪と婚約指輪の二つの指輪のことを考えなくてはなりません。

結婚指輪と婚約指輪の違いを知らないという人もいるです。
ここで改めて、結婚指輪と婚約指輪のことについて紹介してみましょう。

まず、順番として先に用意すべきものは婚約指輪です。

婚約をした証に男性から女性に贈る指輪のことをいいます。

今は端折ってしまう人が多い様ですが、結納をする時に納める品物の一つと考えられています。

婚約指輪は贈らなくてはならないというきまりもありません。
婚約指輪を用意しない場合もあります。

またそのデザインなどにもきまりはありません。
主に日本で婚約指輪というと、ダイヤモンドがあしらわれたデザインのものが人気の様です。

給料の三倍価格なんて言われたりもしますが、実際には10万円〜30万円程度の予算で考えているカップルが多い様です。

そして結婚指輪です。

この指輪は、夫婦になる証に男女がペアで身につける指輪になります。

結婚指輪は、結婚式で指輪の交換の儀式があるので、主に結婚式までに準備する指輪です。

結婚指輪は男性の指輪は女性が、女性の指輪は男性が、という様にお互いの指輪を贈り合うというのが一般的だそうです。

男性からしてみると、どちらの指輪も同じじゃない、婚約指輪なんているの?なんて思う人もいる様です。
ですが、婚約指輪と結婚指輪というのは全く異なるものです。
やはり女性ときちんと話して、二人でどうするか決めることをお勧めします。

デザイン・金額など結婚指輪の相談承ります>>銀座ダイヤモンドシライシ